卒業生が選ぶ就業先や仕事

卒業生が選ぶ就業先や仕事 芸能系専門学校で学んだ学生の就職先として選ばれているのが、芸能界で実際に活躍する人材である女優や俳優、タレントやコメディアン、声優やナレーターといった自身の見た目や技術を仕事にする職業から、演出家や脚本家、映画監督やメイクアップアーティストなど映像関連の仕事につくという人も少なくありません。
芸能業界はどの職業も人気が高く、多くの人が就業を求めているため非常に狭き門だといわれています。
そこで芸能系専門学校で在学中に何を学ぶか、自分の必要とする力を身につけられるかが重要なポイントになってくるため、専門学校の学科・コースの内容や、在学中にどのような資格を取得することができるか、在校生や卒業生の進路サポートをきちんと行ってくれるかなどをチェックするようにしましょう。
また専門学校を選ぶ際には、卒業生の就職先をチェックしてみるのも重要なポイントになります。
積極的にオープンキャンパス等に参加してどの学校に通うのか決めることが大切です。

芸能系専門学校でも学科が分かれていることが多い

芸能系専門学校でも学科が分かれていることが多い 一般の大学では、単科大学もありますが総合大学の場合は学科が分かれています。
これと同じようなことが芸能系専門学校でも当てはまります。
科は、要するにどの専門分野を目指すのかという大きな区分けと思ってもらえば良いでしょう。
大学の工学部などを例にとると、一口に工学と言っても電気を専門とする人もいれば、機械、航空、原子力など分野は非常に広範囲にわたっています。
芸能でも全く同じことが当てはまり、音楽、舞踊、映画、演劇など多種多様の専門分野が存在します。
芸能系専門学校では、そもそもの入学時に、自分がどの分野を目指したいのかを選択し、それについての専門性を身に付けていくことが普通です。
もちろん途中で専門性を変更したり、また別の専門学校で学びなおしたりすることは個人の自由であって、特に芸能のような自由闊達な雰囲気の仕事ではそのような複線ルートを通ってキャリアを築いてきている人も多いですが、基本は専門を決めないといけないことは覚えておくべきです。

新着情報

◎2021/5/25

卒業生が選ぶ就業先や仕事
の情報を更新しました。

◎2021/1/19

就職活動はどんな感じ?
の情報を更新しました。

◎2020/10/23

オープンキャンパスの雰囲気
の情報を更新しました。

◎2020/09/30

サイト公開しました

「芸能 学科」
に関連するツイート
Twitter